ttl_traning

1回あたり2時間を目安にした場合のカリキュラムは次のようなものとなります。

なお、2013年以降、パワハラ対策研修の登壇は、
某大手通信会社及びグループ各社を中心に、延べ150回、
総受講者数8,000名(経営層・管理職層・一般職層)超の実績があり、
その研修時間も、「60分、90分、2時間、2時間半、3時間、4時間半(半日)、7時間半(1日)」と、
オールマイティーに対応が可能ですので、お気軽にご相談ください。

<カリキュラムの一例>
1.研修での「めざすべき成果」の共有

2.何故、コンプライアンスを順守するのか

3.コンプライアンス違反が起きるとどうなるのか

4.なぜ、コンプライアンス違反が起きるのか

5.コンプライアンス違反が発生するのは、どんなときか

6.パワーハラスメント
(1)パワーハラスメントの線引きをしよう
(2)パワーハラスメントの定義
(3)パワーハラスメントの現状
(4)裁判例から考える、パワーハラスメントとの境界線について
(5)パワーハラスメントの行為類型

7.言葉を整える(定義する)
(1)コミュニケーションとは
(2)「報告・連絡・相談」とは

8.組織内の人間関係のコミュニケーションエラーの原因とその解決策

9.「3つ」のコミュニケーションスキルと意見をする場合のポイント

10.聴く人が無意識に気にしている「3つ」のこと

11業務の適正な範囲を超えない指導を行うには
(1)「報告・連絡・相談」に必要な視点
(2)言葉のプラス受信とポジティブ変換

 

パワハラが起きない組織作り3つのサービスはこちら

パワハラ研修「パワハラ対策ってどういうこと?」を知る bn_side02 bn_side03

ttl_training_sp

1回あたり2時間を目安にした場合のカリキュラムは次のようなものとなります。

なお、2013年以降、パワハラ対策研修の登壇は、
某大手通信会社及びグループ各社を中心に、延べ150回、
総受講者数8,000名(経営層・管理職層・一般職層)超の実績があり、
その研修時間も、「60分、90分、2時間、2時間半、3時間、4時間半(半日)、7時間半(1日)」と、
オールマイティーに対応が可能ですので、お気軽にご相談ください。

<カリキュラムの一例>
1.研修での「めざすべき成果」の共有

2.何故、コンプライアンスを順守するのか

3.コンプライアンス違反が起きるとどうなるのか

4.なぜ、コンプライアンス違反が起きるのか

5.コンプライアンス違反が発生するのは、どんなときか

6.パワーハラスメント
(1)パワーハラスメントの線引きをしよう
(2)パワーハラスメントの定義
(3)パワーハラスメントの現状
(4)裁判例から考える、パワーハラスメントとの境界線について
(5)パワーハラスメントの行為類型

7.言葉を整える(定義する)
(1)コミュニケーションとは
(2)「報告・連絡・相談」とは

8.組織内の人間関係のコミュニケーションエラーの原因とその解決策

9.「3つ」のコミュニケーションスキルと意見をする場合のポイント

10.聴く人が無意識に気にしている「3つ」のこと

11業務の適正な範囲を超えない指導を行うには
(1)「報告・連絡・相談」に必要な視点
(2)言葉のプラス受信とポジティブ変換 

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加