agreement_flow_ttl01

ttlC_01

●こんな問題抱えていませんか?

☑外部に高額なコストをかけて、これ以上、人事制度を見直す必要があるのか疑問を感じている
☑多額の予算を使い教育研修を実施してきたのだから、社員には、もっと成果を出して欲しい
☑会社が策定した「求める人材像(管理職・一般職)」に、もっともっと近づいて欲しい
☑パワハラの相談件数が減ってこない。むしろ、増えてきて、相談担当者(窓口)が疲弊している
☑パワハラをやっている人に、パワハラをやっていると自覚して欲しい
☑退職者が多い部門の管理職は、自分のマネジメント能力に問題があると自覚して欲しい
☑現場でのコミュニケーションエラーは、現場で解決して欲しい
☑なんでもかんでも「パワハラだ!」と相談してこないで欲しい
☑パワハラが起きている組織と、起きていない組織の違いの原因分析ができない
☑上司と部下の相性が悪く、優秀な人材が退職してしまう際に、引き留めができない
arrow_blog

未然に防ぐためにすることは?


●事件や問題が起きる前に予防したい…

☑社外のパートナーにどんな支援を依頼するか検討する
☑社内の問題点の抽出を行う
☑人事制度を見直すならば、外部は使わず、内製化で対応するための人材育成を行う
☑組織のコミュニケーションエラーの原因と対策を明らかにする
☑求める人材(管理職、一般職)を可視化する
arrow_blog

●労務トラブルが起きる本当の問題

☑初期対応を誤ったために、「感情論」の争いになってしまう
☑人と組織のコミュニケーションエラーが何故起こるのかの原因と解決策を理解していない
☑役員と社員の立場の違いからくる危機感のズレを理解できていない
arrow_blog

解決策提案


☑「人・モノ・金・情報・時間」の「理想と現実」のギャップから自社の問題点を明らかにし、行動計画に落とし込みをする

 

ttlC_02

●こんな問題抱えていませんか?

☑会社のお困りごとを本気で相談できる社外の専門家がいない(又は探している)
☑労務のグレーゾン問題にも、一緒に、真摯に向き合ってくれる専門家を探している
☑自分たちが考えた対策に盲点がないかどうかのアドバイスをして欲しい
☑今の顧問社労士は、役所と同じ又は杓子定規の回答しかしてくれないので困っている
arrow_blog

どんな顧問契約(社会保険労務士)がよいのか?


●問題解決力と実績、そして、お客様が腑に落ちるアドバイスをしてくれるか社会保険労務士かどうか

☑問題解決の実績はどの位あるのか
☑専門用語、曖昧用語を話したりしないか
☑上から目線でのアドバイスを行わないか
arrow_blog

●顧問契約(社会保険労務士)を選ぶときのポイント

☑問題解決のためには「問題と課題」を明らかにする力が必要です。この2点を明らかにする手法をもっている専門家を選ぶ
☑人と組織のコミュニケーションエラーの原因とその解決策を知っている専門家を選ぶ
☑お客様には「理念」等があるように、「在り方」が明確になった専門家を選ぶ
arrow_blog

解決策提案


☑「人・モノ・金・情報・時間」の理想と現実のギャップから、お客様の問題点を洗い出し、課題に置き換え、今日からの具体的行動(アクション)に落とし込むことが出来る社会保険労務士と契約す

ttlC_03

●こんな問題抱えていませんか?

☑自社に一番マッチする社会保険労務士が誰なのか決めかねている
☑「何を」基準に「どの社会保険労務士を」選べばよいか判断できない
☑とりあえず、どんな社会保険労務士なのか、しっかりと話を聴いてみたい
arrow_blog

そんな時は…


●営業資料やホームページをチェックする

☑自社のお困りごとと一致するキーワードが書かれているか
☑自社のお困りごとが解決しそうか
☑顧問契約の押し売りはないか
arrow_blog

●ホームページや営業資料でイメージが湧かない場合は要注意

☑自社のお困りごとを理解してくれない可能性が大きい
☑顧問契約の押し売り受けてしまうのではないかと不安を感じる
☑この専門家(社会保険労務士)の特徴が分からず、選ぶ理由が見つからないので一抹の不安を感じる
arrow_blog

まずは、私のプレゼンをご覧ください


動画準備中

ttlC_04

●こんな問題抱えていませんか?

☑社会保険労務士事務所から、実績の自慢話に終始されて困っている
☑社会保険労務士事務所から、他社の成功事例だけ伝えられて困っている
☑自社の意図を汲み取ってもらい、最適なプレゼンをして欲しい
☑まず、自社の問題点(理想と現実の差)を明らかにしたい
☑どんな成果がでるのかイメージが知りたい
arrow_blog

私に相談することで得られる状態


●問題を明確化できる

☑自社の意図を組み込み、最適なコンテンツとプレゼンを受けることができる
☑問題点(理想と現実の差)を明らかにしてもらえる
☑自社で主体的に問題解決に取り組む勇気と覚悟が決まる
arrow_blog

●本当の問題点にご自身が気づいていない場合が多い

☑自社の意図を理解しない提案ばかりされて疲弊している
☑自社の問題点(理想と現実の差)を把握してくれない
注:打合せは、原則としてご来所いただきます。
arrow_blog

相談することでなぜ、本当の問題が明確になるのか


5ステップにより、本当の問題が明確になります。

<お客様の声>

☑湯澤先生の言葉の定義に非常に納得!「報告・連絡・相談」や「問題・課題の違い」など、よくよく考えると、この定義がズレていたことに気づかされました。今では、言葉の定義付けを大事にし、解釈のズレが生じないよう、各現場で意識して仕事をしています。
☑会社の状況や問題点を見極め、役員・社員の双方がWin-Winになるアドバイスを頂けるので、非常に頼もしいものです。ここ何カ月もの間、どれだけ助けられたか分かりません。引き続き、宜しくお願いいたします。
☑グレーゾンの問題も、しっかりと受け止めてくれ、会社・社員双方にとって、一番よい解が何なのか、複数案ご提案いただけるので、会社としても、様々なリスクを検討した上で決断できるので、本当に社外人事のパートナーという呼び名が相応しいと思っています。

 

ttlC_05

ミニプレゼンを実施します


動画準備中

ミニプレゼンを体感すると…

●自社の悩みが解決されそうだ!問題が明確化されて、解決策がイメージできた!

☑自社の問題点(理想と現実の差)、課題、行動がハッキリし、研修と研修後の具体的イメージができた
☑自社の意図(例:相手と自分の思考や価値観が異なることを理解した上で、コミュニケーションを取りチームの力を高め)を十分の汲んだ研修プログラム(コンテンツ)を作ってもらえそうだ。
☑講師の話す言葉が分かり易く、これなら、受講者も理解できそうだ
arrow_blog

●ミニプレゼンを受けた結果、自社で成果が出ると感じた時のみ、次のステップに お進みください

arrow_blog

参考までに…

他社に向けたプレゼンですが、参考までにご覧ください ※実際には御社専用に内容を作り替えます

動画準備中

ttlC_06

契約書を交わして、契約締結となります。

 

ttlC_07

●こんな問題抱えていませんか

☑小さい事務所には、どうしても実力的に見て疑いの目で見てしまう
☑現在契約中の顧問社会保険労務士と同じで、十分なアドバイスをしてくれないのではないか
☑本当に「役員・社員」「組織間」「社員間」に入り込むフィルター役になってくれるのだろうか?
arrow_blog

そんな時は…


●自社の悩みが解決されそうだ!問題が明確化されて、解決策がイメージできた!

☑無料の個別相談を実施します(1つの事案の問題点を明らかにするところまで。1回限り(2時間以内))
☑現在の顧問社会保険労務士に対する「疑問・不満・不安」をお話しください。私であれば、どのうように対応するのか、1つずつ丁寧にご回答いたします。
☑「わが社を○○な状態にしたい」といった理想像をお聴かせください。
arrow_blog

解決策提案


☑まずは、「人・モノ・金・情報・時間」の「理想と現実」のギャップから自社の問題点を明らかにするところから始めましょう。
※湯澤社会保険労務士事務所の社外人事パートナー「顧問契約」の“めざすべき姿”は、あくまでも受け身ではなく、自らが勝ち取るという高い志を持っていただき、そこに湯澤社会保険労務士事務所のサービスを活用していこうという主体性と向上心のあるお客様に対して、全力で支援を行います。

 

ttlC_08

実際に成果が出るに従い継続した研修を行ったり社内でもグループで実践したり、よりパワハラ問題への悩みが解消するような意識付けを続けてください。

ttl_flow03_sp

ttlC_01_sp

●こんな問題抱えていませんか?

☑外部に高額なコストをかけて、これ以上、人事制度を見直す必要があるのか疑問を感じている
☑多額の予算を使い教育研修を実施してきたのだから、社員には、もっと成果を出して欲しい
☑会社が策定した「求める人材像(管理職・一般職)」に、もっともっと近づいて欲しい
☑パワハラの相談件数が減ってこない。むしろ、増えてきて、相談担当者(窓口)が疲弊している
☑パワハラをやっている人に、パワハラをやっていると自覚して欲しい
☑退職者が多い部門の管理職は、自分のマネジメント能力に問題があると自覚して欲しい
☑現場でのコミュニケーションエラーは、現場で解決して欲しい
☑なんでもかんでも「パワハラだ!」と相談してこないで欲しい
☑パワハラが起きている組織と、起きていない組織の違いの原因分析ができない
☑上司と部下の相性が悪く、優秀な人材が退職してしまう際に、引き留めができない
arrow_blog

未然に防ぐためにすることは?


●事件や問題が起きる前に予防したい…

☑社外のパートナーにどんな支援を依頼するか検討する
☑社内の問題点の抽出を行う
☑人事制度を見直すならば、外部は使わず、内製化で対応するための人材育成を行う
☑組織のコミュニケーションエラーの原因と対策を明らかにする
☑求める人材(管理職、一般職)を可視化する
arrow_blog

●労務トラブルが起きる本当の問題

☑初期対応を誤ったために、「感情論」の争いになってしまう
☑人と組織のコミュニケーションエラーが何故起こるのかの原因と解決策を理解していない
☑役員と社員の立場の違いからくる危機感のズレを理解できていない
arrow_blog

解決策提案


☑「人・モノ・金・情報・時間」の「理想と現実」のギャップから自社の問題点を明らかにし、行動計画に落とし込みをする

 

ttlC_02_sp

●こんな問題抱えていませんか?

☑会社のお困りごとを本気で相談できる社外の専門家がいない(又は探している)
☑労務のグレーゾン問題にも、一緒に、真摯に向き合ってくれる専門家を探している
☑自分たちが考えた対策に盲点がないかどうかのアドバイスをして欲しい
☑今の顧問社労士は、役所と同じ又は杓子定規の回答しかしてくれないので困っている
arrow_blog

どんな顧問契約(社会保険労務士)がよいのか?


●問題解決力と実績、そして、お客様が腑に落ちるアドバイスをしてくれるか社会保険労務士かどうか

☑問題解決の実績はどの位あるのか
☑専門用語、曖昧用語を話したりしないか
☑上から目線でのアドバイスを行わないか
arrow_blog

●顧問契約(社会保険労務士)を選ぶときのポイント

☑問題解決のためには「問題と課題」を明らかにする力が必要です。この2点を明らかにする手法をもっている専門家を選ぶ
☑人と組織のコミュニケーションエラーの原因とその解決策を知っている専門家を選ぶ
☑お客様には「理念」等があるように、「在り方」が明確になった専門家を選ぶ
arrow_blog

解決策提案


☑「人・モノ・金・情報・時間」の理想と現実のギャップから、お客様の問題点を洗い出し、課題に置き換え、今日からの具体的行動(アクション)に落とし込むことが出来る社会保険労務士と契約す

ttlC_03_sp

●こんな問題抱えていませんか?

☑自社に一番マッチする社会保険労務士が誰なのか決めかねている
☑「何を」基準に「どの社会保険労務士を」選べばよいか判断できない
☑とりあえず、どんな社会保険労務士なのか、しっかりと話を聴いてみたい
arrow_blog

そんな時は…


●営業資料やホームページをチェックする

☑自社のお困りごとと一致するキーワードが書かれているか
☑自社のお困りごとが解決しそうか
☑顧問契約の押し売りはないか
arrow_blog

●ホームページや営業資料でイメージが湧かない場合は要注意

☑自社のお困りごとを理解してくれない可能性が大きい
☑顧問契約の押し売り受けてしまうのではないかと不安を感じる
☑この専門家(社会保険労務士)の特徴が分からず、選ぶ理由が見つからないので一抹の不安を感じる
arrow_blog

まずは、私のプレゼンをご覧ください


動画準備中

ttlC_04_sp

●こんな問題抱えていませんか?

☑社会保険労務士事務所から、実績の自慢話に終始されて困っている
☑社会保険労務士事務所から、他社の成功事例だけ伝えられて困っている
☑自社の意図を汲み取ってもらい、最適なプレゼンをして欲しい
☑まず、自社の問題点(理想と現実の差)を明らかにしたい
☑どんな成果がでるのかイメージが知りたい
arrow_blog

私に相談することで得られる状態


●問題を明確化できる

☑自社の意図を組み込み、最適なコンテンツとプレゼンを受けることができる
☑問題点(理想と現実の差)を明らかにしてもらえる
☑自社で主体的に問題解決に取り組む勇気と覚悟が決まる
arrow_blog

●本当の問題点にご自身が気づいていない場合が多い

☑自社の意図を理解しない提案ばかりされて疲弊している
☑自社の問題点(理想と現実の差)を把握してくれない
注:打合せは、原則としてご来所いただきます。
arrow_blog

相談することでなぜ、本当の問題が明確になるのか


5ステップにより、本当の問題が明確になります。

<お客様の声>

☑湯澤先生の言葉の定義に非常に納得!「報告・連絡・相談」や「問題・課題の違い」など、よくよく考えると、この定義がズレていたことに気づかされました。今では、言葉の定義付けを大事にし、解釈のズレが生じないよう、各現場で意識して仕事をしています。
☑会社の状況や問題点を見極め、役員・社員の双方がWin-Winになるアドバイスを頂けるので、非常に頼もしいものです。ここ何カ月もの間、どれだけ助けられたか分かりません。引き続き、宜しくお願いいたします。
☑グレーゾンの問題も、しっかりと受け止めてくれ、会社・社員双方にとって、一番よい解が何なのか、複数案ご提案いただけるので、会社としても、様々なリスクを検討した上で決断できるので、本当に社外人事のパートナーという呼び名が相応しいと思っています。

 

ttlC_05_sp

ミニプレゼンを実施します


動画準備中

ミニプレゼンを体感すると…

●自社の悩みが解決されそうだ!問題が明確化されて、解決策がイメージできた!

☑自社の問題点(理想と現実の差)、課題、行動がハッキリし、研修と研修後の具体的イメージができた
☑自社の意図(例:相手と自分の思考や価値観が異なることを理解した上で、コミュニケーションを取りチームの力を高め)を十分の汲んだ研修プログラム(コンテンツ)を作ってもらえそうだ。
☑講師の話す言葉が分かり易く、これなら、受講者も理解できそうだ
arrow_blog

●ミニプレゼンを受けた結果、自社で成果が出ると感じた時のみ、次のステップに お進みください

arrow_blog

参考までに…

他社に向けたプレゼンですが、参考までにご覧ください ※実際には御社専用に内容を作り替えます

動画準備中

ttlC_06_sp

契約書を交わして、契約締結となります。

 

ttlC_07_sp

●こんな問題抱えていませんか

☑小さい事務所には、どうしても実力的に見て疑いの目で見てしまう
☑現在契約中の顧問社会保険労務士と同じで、十分なアドバイスをしてくれないのではないか
☑本当に「役員・社員」「組織間」「社員間」に入り込むフィルター役になってくれるのだろうか?
arrow_blog

そんな時は…


●自社の悩みが解決されそうだ!問題が明確化されて、解決策がイメージできた!

☑無料の個別相談を実施します(1つの事案の問題点を明らかにするところまで。1回限り(2時間以内))
☑現在の顧問社会保険労務士に対する「疑問・不満・不安」をお話しください。私であれば、どのうように対応するのか、1つずつ丁寧にご回答いたします。
☑「わが社を○○な状態にしたい」といった理想像をお聴かせください。
arrow_blog

解決策提案


☑まずは、「人・モノ・金・情報・時間」の「理想と現実」のギャップから自社の問題点を明らかにするところから始めましょう。
※湯澤社会保険労務士事務所の社外人事パートナー「顧問契約」の“めざすべき姿”は、あくまでも受け身ではなく、自らが勝ち取るという高い志を持っていただき、そこに湯澤社会保険労務士事務所のサービスを活用していこうという主体性と向上心のあるお客様に対して、全力で支援を行います。

 

ttlC_08_sp

実際に成果が出るに従い継続した研修を行ったり社内でもグループで実践したり、よりパワハラ問題への悩みが解消するような意識付けを続けてください。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加