diagnosis_img01-768x53
diagnosis_img02

このような問題に直面していませんか?

diagnosis_img03diagnosis_img04

パワハラ適性診断を受検された企業様の事例

diagnose_img00

diagnosis_img06-1

自分の考えを理解してくれない相手には、上司・部下共に相手方に厳しくあたってしまい、
ちょっとした言葉の行き違い、解釈の相違などがきっかけで双方のコミュニケーションが取れなくなっていた。

しかしながら、会社としては、何をもって「パワハラなのか」を認定していくのかの手法を持っていませんでした。

diagnosis_img07-1

 

管理職には「ValueFinder」「行動価値検査」「パワハラ振り返りシート」を、
部下である全スタッフには行動価値検査を受検してもらい、
管理職が大事にしている価値観とパワハラのリスク度を、
部下側が大事にしている価値観を数値化し組織分析及び上司と部下の相性を確認。
管理職には「○○の言動を行っていませんか?」
「○○の行動をとる部下は認めにくくありませんか?」といった面談を通じて
自身の過去の言動を振り返ってもらうことで、その後の言動、部下との関係性の質が変わっていきました。

適性診断(パワハラ振り返りシート)を受検された管理職さまの感想

  • 自分自身では、絶対にパワハラとは無縁であると考えていましたが、
    自分自身の言動の振返りで「人」と「問題」の切り分けができていない中で、
    部下を叱っていたかもしれないと「ドキっ」としました。
    このシートとフィードバックによって、自分自身を振り返ることができました。
  • 実際にパワハラを感じる社員もいれば、感じない社員もいる中で、
    部下一人ひとりと向き合って信頼関係を構築していこうと思いました。
  • 上司と部下との関係性が様々であるため、一概にこうしましょう、という解はないと思いますが、
    自分の言動を振り返った時に「人には優しく、問題には厳しく」がすべてのような気がしました。
    新たな気づきをもらい感謝しています。
  • 自分では気づいていない自身の言動を振返る非常によい機会をもらったと思いました。
    フィードバックを聴いて「確かにその言葉使っているな」と思うものが数多くあり、腑に落ちています。
    明日から、部下との関係に活かしていきたい。
  • 部下とのコミュニケーションを取る上でどのような言動に気をつけなければならないのかが分かり、
    とても有意義なシートであり、フィードバックでした。
  • この「パワハラ振り返りシート」の受検を機会に、自分の行動や周りの接し方、
    組織の中をもう一度確認・チェックしていきます。
  • もしかしたら、自分が知らぬ間にパワハラの加害者になっていたかもしれなかったと思うと、
    今回のパワハラ振り返りシートとフィードバックを通じて教えてもらえて本当に良かったです。
  • 自分自身の言動に気づいていなかったことに気づいたことが一番の収穫です。有難うございました。
  • このパワハラ振り返りシートは、管理職だけでなく、自分の部下にも受験させたいと思いました。
    それは、講師の先生の御話によると、部下同士(先輩ー後輩、同僚間)でもパワハラが成り立つと聴いたからです。
    特に、パワハラの言動が気になる部下がいるもので…。

湯澤の「パワハラ適性診断」が選ばれる3つの理由

diagnosis_img08

例えば、管理職対象のパワハラ対策研修やコミュニケーション研修などの一環で適性検査を実施する場合、
受検対象者が自分自身を飾って回答をしてしまう可能性が否定できません。
この「パワハラ振り返りシート」は、本シート(検査)の共同開発会社であり、
弊所のパートナー企業である有限会社グローイングの独自の設問形式(一対比較法)により、
素の受験者像を把握しやすい設計がなされています。

<一般的なストレス検査の設問>
(問題文)困っている人がいれば進んで手助けする。
(選択肢)1.いいえ 2.少しそうだ 3.かなりそうだ 4.非常にそうだ

<本シートでの設問>
(問題文)あなたが日頃とっている行動は、どちらがより近いですか?
A.周囲と強調する B.主体的に行動する
(選択肢)1.明確にA 2.どちらかというとA 3.どちらともいえない
4.どちらかというとB 5.明確にB

diagnosis_img09

「パワハラ振返りシート」では、パワハラにつながる行動リスクとして
「モニタリング領域」と「セルフマネジメント領域」を、
それぞれ3つの行動リスクに分けてスコア(高ければ高いほどリスクがある)を算出いたします。

1.モニタリング領域
(1)対人共感リスク
相手の視点や立場で話を聴き、立場や感情を汲み取ることができず、空回りするリスク
(2)状況察知リスク
場の雰囲気、状況、表情、態度など、外に表れてくるものから察することができず、
空回りするリスク
(3)業務分担リスク
役割意識が高く、仕事を振りすぎたり、任せすぎてしまうリスク

2.セルフマネジメント領域
(1)自己肯定リスク
自信過剰となってしまい、横柄や傲慢な態度と受け取られてしまうリスク
(2)感情コントロールリスク
その場の感情にまかせ発言したり、行動してしまうリスク
(3)ポジティブ思考リスク
相手や周囲の状況について前向きに捉えすぎてしまい、リスクを読めないリスク

この6つの行動リスクは、パワハラの言動を実際に起こしている方に共通する特性を、
有限会社グローイングが提供する行動価値検査の結果や、
弊所のパワハラ対策研修やコンサルティング経験に基づき抽出しています。
高スコアの方は、パワハラを起こす方と同様の傾向があり、フィードバックの際は、自己の振返りを助言しています。

diagnosis_img10

パワハラ対策やコミュニケーション系の管理職研修の実施前に「パワハラ振り返りシート」を自己理解を促すことで、
研修本番に当事者意識を持って(自分事として)研修に参加されますので、
これまでの研修以上の効果が期待できます。研修では大事なことは、過去の自分を振り返ること、自分自身と対話することです。
客観的データを使い「自分はパワハラの言動、行為をしていないか?」と振り返りますので、
受講者の「腑に落ち度」が高まりますので、研修後、現場での言動がかわり、
上司部下間、組織間のコミュニケーション力が改善されます。

講師について

img_yuzawa01

img_yuzawa02

 
 
diagnoseflow
 

パワハラ適性診断費用のご案内

●定価4,500円(税抜)/1部ですが、最小購入数(20部)からとなります。
最小お見積り価格は、90,000円(税抜)からとなります。

なお、ご購入いただきますパワハラ振り返りシートは、
ご購入後、2年以内にご使用いただくこととなりますので、この点は、どうぞご留意ください。

まずはご相談ください

今までの社会保険労務士(顧問契約)と比較してください

komon_img13

contact_btn

よくある質問

気になる質問をクリックすることで、回答が表示されます。
回答を再度クリックすることで回答が非表示となります。

費用は大丈夫?高すぎない?いくらなの?

ご相談はこちら

質問、お問い合わせなど是非、一度ご相談ください。
お問い合わせ後、3営業日以内にお返事致します。





お名前必須
メールアドレス必須
電話番号任意
郵便番号任意
住所任意
お問い合わせ内容必須

ttl_diagnose_sp
shindan_img00_sp

このような問題に直面していませんか?

shindan_img01_spshindan_img02

パワハラ適性診断を受検された企業様の事例

shindan_img03

diagnosis_img06-1

自分の考えを理解してくれない相手には、上司・部下共に相手方に厳しくあたってしまい、
ちょっとした言葉の行き違い、解釈の相違などがきっかけで双方のコミュニケーションが取れなくなっていた。
しかしながら、会社としては、何をもって「パワハラなのか」を認定していくのかの手法を持っていませんでした。

 

diagnosis_img07-1

管理職には「ValueFinder」「行動価値検査」「パワハラ振り返りシート」を、
部下である全スタッフには行動価値検査を受検してもらい、
管理職が大事にしている価値観とパワハラのリスク度を、
部下側が大事にしている価値観を数値化し組織分析及び上司と部下の相性を確認。
管理職には「○○の言動を行っていませんか?」
「○○の行動をとる部下は認めにくくありませんか?」といった面談を通じて
自身の過去の言動を振り返ってもらうことで、その後の言動、部下との関係性の質が変わっていきました。

適性診断(パワハラ振り返りシート)を受検された管理職さまの感想

  • 自分自身では、絶対にパワハラとは無縁であると考えていましたが、
    自分自身の言動の振返りで「人」と「問題」の切り分けができていない中で、
    部下を叱っていたかもしれないと「ドキっ」としました。
    このシートとフィードバックによって、自分自身を振り返ることができました。
  • 実際にパワハラを感じる社員もいれば、感じない社員もいる中で、
    部下一人ひとりと向き合って信頼関係を構築していこうと思いました。
  • 上司と部下との関係性が様々であるため、一概にこうしましょう、という解はないと思いますが、
    自分の言動を振り返った時に「人には優しく、問題には厳しく」がすべてのような気がしました。
    新たな気づきをもらい感謝しています。
  • 自分では気づいていない自身の言動を振返る非常によい機会をもらったと思いました。
    フィードバックを聴いて「確かにその言葉使っているな」と思うものが数多くあり、腑に落ちています。
    明日から、部下との関係に活かしていきたい。
  • 部下とのコミュニケーションを取る上でどのような言動に気をつけなければならないのかが分かり、
    とても有意義なシートであり、フィードバックでした。
  • この「パワハラ振り返りシート」の受検を機会に、自分の行動や周りの接し方、
    組織の中をもう一度確認・チェックしていきます。
  • もしかしたら、自分が知らぬ間にパワハラの加害者になっていたかもしれなかったと思うと、
    今回のパワハラ振り返りシートとフィードバックを通じて教えてもらえて本当に良かったです。
  • 自分自身の言動に気づいていなかったことに気づいたことが一番の収穫です。有難うございました。
  • このパワハラ振り返りシートは、管理職だけでなく、自分の部下にも受験させたいと思いました。
    それは、講師の先生の御話によると、部下同士(先輩ー後輩、同僚間)でもパワハラが成り立つと聴いたからです。
    特に、パワハラの言動が気になる部下がいるもので…。

湯澤の「パワハラ適性診断」が選ばれる3つの理由

shindan_ttl01_sp

例えば、管理職対象のパワハラ対策研修やコミュニケーション研修などの一環で適性検査を実施する場合、
受検対象者が自分自身を飾って回答をしてしまう可能性が否定できません。
この「パワハラ振り返りシート」は、本シート(検査)の共同開発会社であり、
弊所のパートナー企業である有限会社グローイングの独自の設問形式(一対比較法)により、
素の受験者像を把握しやすい設計がなされています。

<一般的なストレス検査の設問>
(問題文)困っている人がいれば進んで手助けする。
(選択肢)1.いいえ 2.少しそうだ 3.かなりそうだ 4.非常にそうだ

<本シートでの設問>
(問題文)あなたが日頃とっている行動は、どちらがより近いですか?
A.周囲と強調する B.主体的に行動する
(選択肢)1.明確にA 2.どちらかというとA 3.どちらともいえない
4.どちらかというとB 5.明確にB

shindan_ttl02_sp

「パワハラ振返りシート」では、パワハラにつながる行動リスクとして
「モニタリング領域」と「セルフマネジメント領域」を、
それぞれ3つの行動リスクに分けてスコア(高ければ高いほどリスクがある)を算出いたします。

1.モニタリング領域
(1)対人共感リスク
相手の視点や立場で話を聴き、立場や感情を汲み取ることができず、空回りするリスク
(2)状況察知リスク
場の雰囲気、状況、表情、態度など、外に表れてくるものから察することができず、
空回りするリスク
(3)業務分担リスク
役割意識が高く、仕事を振りすぎたり、任せすぎてしまうリスク

2.セルフマネジメント領域
(1)自己肯定リスク
自信過剰となってしまい、横柄や傲慢な態度と受け取られてしまうリスク
(2)感情コントロールリスク
その場の感情にまかせ発言したり、行動してしまうリスク
(3)ポジティブ思考リスク
相手や周囲の状況について前向きに捉えすぎてしまい、リスクを読めないリスク

この6つの行動リスクは、パワハラの言動を実際に起こしている方に共通する特性を、
有限会社グローイングが提供する行動価値検査の結果や、
弊所のパワハラ対策研修やコンサルティング経験に基づき抽出しています。
高スコアの方は、パワハラを起こす方と同様の傾向があり、フィードバックの際は、自己の振返りを助言しています。

shindan_ttl03_sp

パワハラ対策やコミュニケーション系の管理職研修の実施前に「パワハラ振り返りシート」を自己理解を促すことで、
研修本番に当事者意識を持って(自分事として)研修に参加されますので、
これまでの研修以上の効果が期待できます。研修では大事なことは、過去の自分を振り返ること、自分自身と対話することです。
客観的データを使い「自分はパワハラの言動、行為をしていないか?」と振り返りますので、
受講者の「腑に落ち度」が高まりますので、研修後、現場での言動がかわり、
上司部下間、組織間のコミュニケーション力が改善されます。

講師について

introduction01

introduction02

 
flow02_sp
 
 

パワハラ適性診断費用のご案内

●定価4,500円(税抜)/1部ですが、最小購入数(20部)からとなります。
最小お見積り価格は、90,000円(税抜)からとなります。

なお、ご購入いただきますパワハラ振り返りシートは、
ご購入後、2年以内にご使用いただくこととなりますので、この点は、どうぞご留意ください。

まずはご相談ください

今までの社会保険労務士(顧問契約)と比較してください

komon_img13

consultation01_sp

よくある質問

気になる質問をクリックすることで、回答が表示されます。
回答を再度クリックすることで回答が非表示となります。

費用は大丈夫?高すぎない?いくらなの?

ご相談はこちら

質問、お問い合わせなど是非、一度ご相談ください。
お問い合わせ後、3営業日以内にお返事致します。





お名前必須
メールアドレス必須
電話番号任意
郵便番号任意
住所任意
お問い合わせ内容必須

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加